信号待ちで停止中に後ろからハイエースに追突されました

私は現在、車の免許を取ってまだ5年です。この5年間では車での事故や違反などは一切したことがありませんでした。少し運転が下手なところがありまして、たまに壁や石に擦るということはありました。自分の操作が下手で車に傷がつくのは仕方ないなと諦めています。

停止中に追突

ある日、私は仕事にいくために車を運転していました。雨の日でもなく視界は良好でした。いつもの通り道を行き、信号待ちで停止していました。その直前に左側の道から車が出てこようとしているのは目に入っていました。しかし、その車が私のすぐ後ろに入ってくるとはその時は気づいていませんでした。その車が左から入ってこようとしている道から、すぐ前で私は停止していました。事故はそのすぐ直後でした。急に「ドーーン!!」と大きい音が車内に響きました。最初は何が起こったのか全く分かりませんでした。体も大きく揺さぶられたので、もしかして・・・と思いルームミラーで後ろの車を見ると運転手が申し訳なさそうな顔をして苦笑いをしていました。その時に、追突されたのだと気づきました。私の前に車がいましたが、大きな音があった時一瞬足がブレーキから離れ少し進みましたが、すぐにブレーキを強く踏みなおしたので、私の前の車にぶつかることはなく安心しました。車間を取っていたのも良かったのかもしれません。私は追突に気付いてすぐに目の前の車が駐車できるところに停車し、それに後ろの車もついてきて停車しました。そして、警察を呼んでくれ、私は会社に連絡をしました。すぐに警察は来て実況見分が行われましたが、30分ほどで終了しました。私は頭や体が痛かったですが、すぐに仕事に行かなければならなかったので、その日は仕事へ行き、翌日に病院へ行くことにしました。車の状態は悪く、追突された後ろ部分はかなりのへこみが出来ていました。こちらはすぐにディーラーに連絡をし、修理と代車の申し込みをしました。追突した人とは連絡先を交換し、後日保険会社から連絡があると言われ別れました。

事故後の治療

事故の翌日、私は病院へ行きました。その日も、頭痛がするのと体全身が痛かったからです。レントゲンを取りましたが、異常はなかったため、ムチウチだろうと診断されました。ムチウチは交通事故の怪我の中でも特に多い怪我だそうです。また、ムチウチにもいくつか種類があり、私は頚椎捻挫という種類でした。(参考:【あなたはどのタイプ?】後遺障害でもっとも多い「むち打ち症」)。その日は病院から湿布が出されました。その日から治療をしてくれる整骨院をネットで探し始めました。私が見つけた接骨院は、本当に良い接骨院で、交通事故に特化していて、完全予約制なので待ち時間が一切ありません。仕事をしながら通う私にとって完全予約制はありがたいと思い、そこに通うことにしました。すぐに翌日から通いました。まず体の状況を説明し施術を受けました。私は特に背中、腰、肩が痛かったのでそこを中心に治療してもらいました。押されるとすごく痛かったのを覚えています。その日から毎日、同じ時間に予約を取り通うことになりました。施術は毎回15分ほどです。待ち時間もなく非常に快適でした。それと同時に病院にも定期的に通いました。その病院は最初に行った病院ではなく、整骨院から紹介された提携している整形外科医院でした。一か月に2回ほど病院に通い、先生に現在の状況について説明をし、毎回湿布をもらっていました。結果的に整骨院には三か月半通いました。完全に治療が終わったのを最後に病院に行き、先生に治療終了の許可をもらい終了しました。その後は、保険会社に連絡をし、治療終了から三か月後に慰謝料が振り込まれました。三か月半通った慰謝料は約50万円ほどでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ